ルーフスとは

会社概要

設立

合同会社ルーフスは、兵庫県篠山市において導入された、総務省の「地域おこし協力隊事業」で協力隊員として委嘱を受けた神戸大生と、そのコーディネート業務をしていた神戸大研究員によって、2015年3月に設立されました。

ルーフスの目指すもの

「挑戦」を増やす。

自らが挑戦し、さらにその挑戦のプロセスを発信し、新たな挑戦者を呼び込む。

いま、篠山市をはじめとする農山村には見過ごされているニーズ(課題)や価値・資源が多く存在しています。私たちはそれを生業のカタチに具現化することに挑戦します。そして、その挑戦は、地域に新しい価値を生み出すと同時に、新たな挑戦を生み出します。

会社概要

会社名
(英語名)
合同会社 ルーフス (Rufus, LLC)
設立2015年3月3日
代表髙田 晋史
執行役員長井 拓馬、瀬戸 大喜、菅原 将太
本社所在地〒669-2324
兵庫県篠山市東新町4-5
社名由来:「Rufus」とはラテン語で「赤」を意味する言葉です。
「丹波」という名前の由来には諸説ありますが、赤米の穂が波打っている様子からつけられたといわれています。「赤」は創業メンバーが在籍する神戸大学のスクールカラーでもあります。 「Rufus」は篠山市と神戸大学の連携事業から生まれた会社であり、社名にはこうしたルーツを大切にしながら、新たな挑戦をしていきたいという思いが込められています。